ゴールデン・ザ・ジョニー登場後の青白ロージアの構築について

以前、この界隈への愚痴をひたすら述べたブログで次はためになる記事を書くことを約束したので今回はためになる(?)記事を書こうと思う。

ゴールデンザジョニー登場後のジョーカーズの飛躍は言うまでもないことであり、環境で最も警戒されるデッキの1つであるだろう。見事GP5thで優勝を果たした青白ロージアというデッキタイプはこのゴールデンザジョニーの呪文を1枚しか唱えられない効果+洗脳センノーという踏み倒しメタが非常に重たい。

5ターン目を目安にセンノー2体以上+ゴールデンで突っ込んでこられると盾に天門やアルカディアスパーク、ドラゴンズサインなどの強いトリガーがどれだけ埋まっていても盤面を止めきれない、あるいはそのターン生き残っても返しのターンで勝ち筋を見出せない展開になる。特にヘブンゲートからウィズダムフェウスをプレイしその効果でアルカディアスパークを唱えるというムーブが青白ロージアでの強い受けのムーブであったがゴールデンの呪文を1枚しか使えない制約によりウィズダムフェウスが実質バニラと化してしまうことは深刻な問題である。

その点を踏まえて私が対ジョーカーズに特化した青白ロージアを提案したいと思う。以下の画像の構築はKDF2ndにてトップメタをジョーカーズと踏んで使用したものである。

f:id:nocochoco8:20171105234302j:plain

 

採用理由

4ミラダンテ

4ロージア

4ドラゴンズサイン

3ミラクルスター

4おつかい

4レインボースパーク

2ミラクルストップ

以上まではそこに触れる必要性は触れると思うので割愛する。時折レインボースパークの枚数を3に抑えている構築を見るが初動の安定性に加えてこのデッキにおいてはタップする効果を無駄なく使えるため4投入が適当だと思われる。

 

3エメラルー

盾にホーリーまたはスパークの全タップ系トリガーを埋め込むことで今後のゲームプランが立てやすくなる。ジョーカーズ対面では最も優先してプレイしたいカードである。4投入を予定していたが枚数の関係上3枚。このデッキにおいては盾から捲ってすぐに使って強いカードが多いのも評価が高い。

 

4閃光の守護者ホーリー

2Dの天牢ジェイルハウスロック

このデッキの第2の核と言えるギミックである。ホーリーあるいは全タップ系トリガーとジェイルハウスロックのDスイッチを組み合わせることにより相手の盤面のクリチャーを有無を言わさず盾送りにする。青白で行える最も強い除去であると思っている。ヘブンズヘブンとの相性は抜群であり、ターン終了時にホーリーを踏み倒しそのままジェイルハウスロックのdスイッチを使うムーブは非常に強力。青白ロージアの無理対面であるベイbジャック系統のデッキにもギリギリ間に合う可能性がありワンチャンスを埋める。VANベートベンやモアイ、オニカマスやデスマッチビートルと今まで出されると即負けにつながっていたカードを除去できるのも評価ポイント。

 

1アポカリプスデイ

ジョーカーズ相手のトリガーで1枚で回答になり得るものが欲しくて採用。刺さる対面が極端に限られることに加えてその対面には1度プレイできれば十分のため1枚。他の呪文とコストもかぶらないためミラクルスターで確実に回収可能。

 

3アルカディアスパーク

2ノヴァルティーアメイズ

全タップ系のトリガーがこのデッキでは非常に強く打てるので採用。天門を切ったこともあり、相手ターン中の展開が望めるノヴァルティーアメイズを採用。反省としてはアルカディアスパークは4採用するべきだったこと。環境での単騎を絡めて殴ってくるデッキが多く、ここの枚数を絞ったのは構築ミス。ここの枠でテック団などを採用してもよかったなと思う。他の呪文とコストもかぶらないためミラクルスターで確実に回収可能。ノヴァルティーアメイズで主に着地させるクリチャーはエメラルーダ。

 

対面勝率

ジョーカーズ5-6割

正直ここまで尖らせても勝率は5割前後だと思います。相手が軽減を絡めて早めに走ってきたところにハウスロックやアポカリプスを合わせられると勝ち確ですが、相手のスタートが遅れて後続のSAをキープした状態で走られると負けます。ミラダンテでロックを決めれば勝てるんじゃない?と思われるでしょうが、しっかりエメラルーダをプレイするために仕方なくミラダンテやロージアをマナにおくことが多くなるので自分のムーブをするのが難しいです。基本プランはひたすら守りに徹してLO。キーカードはエメラルーダ。

 

モルトnext4-5割

レジェンドドギラゴン、永遠のリュウセイカイザーが非常にきついです。バトライ刄を採用していないので一般的な青白カラーよりも厳しいと思います。バトライループ後にアポカリプス、全タップ系を合わせてLOを目指すのが基本プラン。キーカードはアルカディアスパーク、アポカリプスデイ。

 

クローシスバスター6−7割

マナにホーリーとスパークの両方を見せつけることで相手が殴る上での要求値をぐっと引き上げることができます。単騎ラフルルを揃えるのに時間をかけさせている間に先に走りましょう。

 

ドロマーロージア5-6割

ロージア同型は先攻引きゲーと化しがちですが、このデッキはどれだけ強いムーブを押し付けられてもホーリーという回答があるのがでかいです。ヘブンズヘブンの早期建設を最優先にプレイしましょう。ブロッカーもこちらのデッキのほうが厚く採用しているので龍解も目指せます。 キーカードはヘブンズヘブン、ホーリー、ジェイルハウス。

 

ブライゼシュート6-7割

モアイランド、ナンバーナイン、VANに対して解答があるのが大きいです。ハウスロックやアポカリプスデイはなるべく見せないようにプレイしましょう。 キーカードはジェイルハウスロック。

 

墓地ソース7-8割

ワルスラ2点が脅威と思えないデッキタイプなので有利。

 

白緑メタリカ

緑単ループ

緑単ゲイルヴェスパー 2-4割

基本無理対面です。相手がベイbジャックで盤面を寝かせたところにハウスロックをぶち当てるかエメラルーダで除去札を捲るの2択しか基本解答がないです。メタリカや猿はスピードで間に合わないので諦めましょう。ゲイルヴェスパーはワンチャンスあると思います。キーカードはジェイルハウス、アポカリプスデイ。

 

csでの対戦結果

緑単×

ブライゼナーガ○

白緑×

墓地○

赤単ジョッキー×

緑単ゲイル○

3-3

メタ対象を踏んでないので非常にきつかったですがブライゼナーガの先攻ヴィル+モツを返してその後のナンバーナインまで処理したり、基本無理対面のゲイルヴェスパー対面でアポカリプスデイを採用していたおかげで勝ったりとしているので青白カラーにしては受けが広いのかなと思います。 白緑メタリカにはダンテループが間に合ったものの盤面の打点を処理できずノートリで負けました。赤単ジョッキーは単騎に沈んだのでアルカディアスパークやテック団の直接除去につながる札の枚数を増やすべきかもしれません。

 

最後に

今後の環境は白緑メタリカが暴れるのかなと思っているので強くオススメはできませんが非常に面白いデッキです。ジョーカーズに勝てずに困っている方などには是非試していただきたいです。このデッキは色事故が課題の1つにあります。通常のロージアより白単色が多いので。ドロマーGODよりは色事故が少なくドロマーロージアより色事故が多いぐらいの感覚だと思います。この点も踏まえていじって遊んでいただけたらと思います。 読んでいただきありがとうございました。